自動車事故の過失割合の決め方とは

自動車事故の過失割合の決め方とは

自動車事故を起こしてしまった場合、過失割合という言葉がよく出てきます。

これは責任の割合について指す言葉ですが、一方的な追突事故などの場合を除いては双方の当事者に過失割合が発生するものとされています。


自動車事故の過失割合については、過去の裁判例などをもとにして事故状況ごとに割合がある程度決められています。


その割合を判断基準として、速度や信号色、事故当時の状況などが加味されて、話し合いにより割合が決定されるのです。


その後、確定した損害額を決まった過失割合分負担し合うというのが一般的な事故対応の流れとなります。 自動車事故の過失交渉は専門的な知識が必要とされるので、保険会社に一任することが早期解決のカギとなるのです。

関連ページ

自動車保険の更新の時期が
自動車保険の更新の時期が
自動車保険の見積りはインターネットで
自動車保険の見積りはインターネットで